‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

やっぱり水分を摂るのが簡単で効果的

2015/08/18

塩抜きダイエットというものがあります。
これは、3日間まったく塩分の入ったものを口にしないというやり方です。
断食ダイエットと違って、3色は必ずとり、水を大量に摂取することにより
身体のダイエットは勿論、普段塩分を取りすぎている人は健康のためにもいいです。
この塩抜きダイエットは、身体の余分な水分が抜ける効果があります。
新陳代謝がよくなり、脂肪を燃焼しやすい身体にして、大樹を減らし、むくみを解消します。
痩せることによって、血流も改善され、冷え性の改善にもつながります。
塩抜きダイエットには、肌の状態を整え肌色もよくする効果があります。
基本的に塩分の取り過ぎは肌の老化を加速させます。
また腸の調子がよくなり、便秘解消ができやせられます。
この塩抜きダイエットは、簡単で3日だけ塩分をまったく摂取しないようにします。
食事をとるうえでカリウムを意識して取ります。
カリウムは、塩分を排出させる働きがあります。
そして、塩分を排出させるために水をどんどんと取ります。
1・5リットルから2リットルくらい取るのが理想的です。
これにより利尿効果もあがるので余分な水分、塩分は体外に
放出されて、新陳代謝のいい身体に変化していきます。
ただし、塩分は人間が生きていくうえで必要なもののため
3日が目安です。
それ以上続けるのは止めましょう。

カリウム含有量の多い食材が塩分を排出します

2015/08/18

カリウムは細胞の外液に存在するナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を一定に保ったり、筋肉の働きをよくしたり、身体の状態を維持するのに不可欠なミネラルです。
普通の食事で不足することはありませんが、高血圧を中心とした生活習慣病の予防には目標量として多くのカリウムの摂取が望まれています。
ナトリウムとカリウムは一緒に働いていて、ナトリウム:カリウム=1:2のバランスの比率でとることで、体内の水分濃度を正常に保つ役割を果たしています。このバランスが崩れるとナトリウムの排出ができなくなります。
カリウム含有量が多い食材として、パセリ、アボガド、ほうれん草、ジャガイモなどがあります。
腎臓が悪い人がカリウムを多く摂取すると「高カリウム血症」になり、血圧の上昇をまねきますのでご注意ください。
体内に吸収されたカリウムは一定の濃度を保つために体の外に、尿、便、汗として排出されます。
そのため汗をかきやすい方はカリウム不足に気をつける必要があります。
アルコールやコーヒーは利尿作用があるため頻繁に飲む方はカリウムが不足しやすいといわれています。
カリウムは熱や水に弱いために調理で失われやすく、調理法としては汁を捨てない鍋料理やスープ料理がおすすめです。

塩分含有量の少ない食材とは

2015/08/18

食品から摂取する塩分量と言うのは目には見えません。塩分含有量として記載されていたとしても、それを実際の量として認識するのはなかなか難しいことです。しかし塩分の過剰摂取は高血圧の原因になると言われていますし、腎機能の低下やむくみなどを発生させる原因でもあります。ですから、体にとって必要な栄養ではありますが、できるだけ摂取量を控えることは重要なことです。塩分含有量が多い食材としては、加工食品や梅干し、また和食には欠かすことができない味噌や醤油なども含まれています。これらの調味料を使用する場合は、できれば量をきちんと計って使用すると良いです。一方、塩分含有量が少ない食品としては、まずきのこを挙げることができます。これは、味付けの加工がされていれば別ですが、そのままの状態では塩分は含まれていません。更にきのこには、カリウムが豊富に含まれています。このカリウムには摂取し過ぎた塩分の排出を助ける作用がありますから、そう言った意味でも、きのこは積極的に調理に使用したい食材です。またいもも、塩分含有量が少ない食材です。こちらも味付けなどの加工がされていれば話は別ですが、食材そのものの塩分含有量はゼロです。しらたきやゆでくずきりと言った、これを原材料として作られた食材にも塩分はほとんど含まれていませんから、塩分と言う面に関しては安心して調理に使用することができる食材です。ただしこれらの食材を使用していても、味付けが濃くなってしまえば元も子もありませんから、素材の味を活かすような味付けを心がけることが大切です。

加工食品やスナック菓子はNG!

2015/08/18

加工食品といえばスナック菓子やハム、カップラーメンなど、どこにでも売っているような食品が当てはまります。では、なぜ加工食品が体に悪いと言われているのでしょうか。
理由の一つとしてよく知られているものに、添加物があります。食品の見た目をよくしたり、賞味期限を長くするなど、食品添加物のいい面はもちろんあります。だからこそ使われているわけですが、問題は健康面への影響が心配されていることにあります。
添加物の代表に着色料があります。これは家庭でも食紅として親しまれているのですが、一部の着色料に発がん性が確認されています。このような物質が含まれている可能性がないとは言い切れないのが現状のようです。特にハムなどは着色料が日常的に使われています。
スナック菓子は味や見た目が優先されているので、栄養という面から見るとあまり食べたくない食品の一つです。脂肪や糖分が多く含まれている場合があり、食べすぎると肥満や生活習慣病など、日常生活に支障をきたす可能性さえあります。また、スナック菓子は柔らかいものが多く、歯にとってもいいことはありません。せんべいなどのお菓子は固く、歯ごたえがあるので歯の健康を保ち、少量で満足感も得られます。

料理は塩抜きで程よい味を選ぼう

2015/08/18

冷蔵庫がない時代には、山などで採れた山菜を塩漬けにして保存することが重要でありました。塩漬けにすると細菌の繁殖が抑えられて、長期の保存が可能となります。しかしながら、極めて塩辛いために塩抜きをしなければ使うことができないのです。この問題を解決するために、古くから水につけて塩分を排出する知恵があります。水につけても栄養分は残り、過剰な塩分だけが残る仕組みとなります。

塩漬けの野菜や古漬けの沢庵漬けは、しっかりと塩抜きをすれば味付けして調理ができます。そのまま利用すると味付けの応用が効かなくなるのですが、ナトリウムを除去してしまえば悩みがなくなります。沢庵漬けの場合であれば、細かく刻んでから塩抜きすれば、迅速にナトリウムを排出できます。丸ごとの状態であれば、一晩はつけておく必要があります。時間に余裕がある場合には、そのままつけたほうが素材の持ち味を活かすことができます。

塩抜きをしておけば、強烈に塩辛いイカの塩漬けも美味しく食べることができます。後の味付けは薄味にすることで、素材が持っている旨みを感じやすくなります。歯ごたえや旨みを調和させることで、他にはない独自な味にして、五感を刺激するような美味しさになります。

どう違う?ナトリウムと塩分

2015/08/18

最近は塩抜きダイエットが話題になっていますが、このダイエット方法では塩をとらないようにしてダイエshutterstock_97489289ットを行います。
塩には水分を保持する効果があり、体内に塩が沢山あるとその分むくみが起きやすくなります。
そしてその塩分を体内から取り出すことができれば、その分むくみを解消し痩せることができます。
さらに塩は脂肪と結びつくことも多いので、塩をとらないこのダイエットをすると体の脂肪を減らすことも可能です。
ただ塩は体に必要なものなので、このダイエット方法は短い期間で行うことが重要です。
大体3日位を目安に行うと良く、それ以上の期間ダイエットをすると問題になることもあります。
このように塩抜きダイエットは便利なものですが、この時にナトリウムはどういう扱いになるのか疑問を持ちます。
よく食品では塩分とナトリウムが成分として書かてていることが多く、その違いがどうあるのかが分かりづらいです。
この2つは基本的には同じものなのですが、ナトリウムは塩の2~3倍の塩分効果を持ちます。
そのためナトリウムの含まれた食品を利用するときは注意をすべきで、よく計算をしておかないと問題になることがあります。
またナトリウムの量はミリグラムで書かれていることが多いので、量を考えるときはグラムになおすことも重要です。

体の中から老けやすくなる原因は塩分の摂り過ぎだった

2015/08/18

厚生労働所gf1940072417lが発表した栄養別所要量によると、塩分の1日あたりの必要摂取量は1.5グラムです。しかし実際のところは、日本人は1日あたり約11グラムの塩分を摂取していると言うデータが出ています。これは明らかに塩分過多と言えます。塩分は勿論、体にとって必要不可欠な栄養ですが、過剰に摂取することで様々な影響を体にもたらすものでもあります。たとえば生活習慣病のひとつであり、様々な疾病のリスク要因でもある高血圧は、食事による塩分摂取の過剰がその原因であると明らかにされています。高血圧とは、血管に常に負担がかかっている状態です。そのため、その血管内を流れている血流にも、様々な支障が発生します。血流は体の各部位に必要な栄養素を届ける役割を担っていると同時、体の各部位から老廃物を回収する役割も果たしています。つまり、血流に支障が発生すると言うことは、これらの役割にも支障が発生すると言うことです。そのため、栄養不足のために体の各部位がじゅうぶんに機能しなかったり、体の各部位が老廃物まみれになってしまい、老けやすい体になってしまうことが考えられます。また塩分過多が続くと、体内の塩分濃度を下げるために、腎臓は体外に排出する水の量、つまり尿量を抑えようとします。それにより、体は非常に水がためこまれやすい状態になります。こうした状態は、高血圧を更に悪化させる要因でもあるため、結局は老けやすい体作りを促進させていることにもつながります。そのため、体の中から老けやすくなるのを防ぐためには、まずは塩分過多を避けることがとても大切と言えます。

塩分を摂り過ぎると太りやすく痩せにくい体質になってしまう

2015/08/18

塩分過多が続くと、太りやすい、そして痩せにくgf1420096371lいと言うのには、きちんとしたメカニズムがあります。塩分を過剰に摂取すると、当然、体内の塩分濃度も高くなります。すると、体内の水分量やその濃度を調整している腎臓は、塩分濃度を下げるために水分を蓄えようと作用します。腎臓で生成され、そして排出される不要な水分、つまり尿量が減るわけです。これは、むくみが発生している状態と言うことができます。むくみが発生している状態は、代謝量、エネルギー消費量が落ちている状態でもあるため、太りやすい、しかも痩せにくい状態であると言うのがそのメカニズムです。また塩分過多は高血圧の原因とも言われています。高血圧とは血管に常に負担がかかっている状態であり、その影響は、血管内を流れる血流や血液の役割にも及びます。体内の臓器がじゅうぶんに働くために必要な栄養素が届かない、あるいは不要になった老廃物などが回収されないと言った影響によって、運動をしてもエネルギーが生産されない、食事がきちんと消化されないと言った事態が発生することも考えられます。その結果、太りやすい体質、痩せにくい体質になってしまうと言うことも少なくありません。国によって定められている塩分の必要摂取量は1日1.5グラムです。しかし日本人の1日あたりの塩分摂取量は約11グラムと、大幅に必要量をオーバーしています。生活習慣病である高血圧予防のために、国は1日あたりの塩分摂取目標量を男性で8グラム未満、女性で7グラム未満に定めています。健康のためにも、そして美容のためにも、この数字は意識しておく必要があります。

1日に必要な塩分摂取量は意外と少なかった

2015/06/29

塩分は、体内では様々な役割を果たしgf1120209840mています。細胞の保護や維持、消化や吸収の助け、また神経伝達などがその役割の一部として挙げられます。塩分は、汗をかくことで老廃物として体外に排出されます。体内の塩分量や濃度は、腎臓によって一定に保たれています。通常の健康的な生活を送ることができている人であれば、この量が不足したり、濃度が低くなりすぎてしまうと言うことはまずありません。それどころか逆に、日本人は塩分摂取量が多すぎると言うのが問題になっているくらいです。味噌や醤油と言った塩分が強い調味料を頻繁に使用すること、それと同時、味付けの濃い様々な料理も好んで食することがその一因だとされています。塩分摂取量は多すぎると、高血圧や腎機能障害などを発生させるリスクにもなるとされていますから、この摂取量には気を配る必要があります。国によって定められている1日の塩分摂取量は、男性で1日あたり8グラム未満、女性で同じく7グラム未満です。しかし実際のところ、日本人の平均摂取量は1日あたり約11グラムと、国による規定量をオーバーしています。またWHOが推奨している塩分摂取量は1日あたり5グラムと、日本が国として定めている摂取量よりもさらに低い数値です。汗などで排出される体内の塩分量は個人の体重などによって異なりますが、それらから計算して導き出される、本当に必要な1日あたりの塩分摂取量は3~5グラム程度とも言われています。この数値を見ると、本当に必要な摂取量はとても少ないのだと感じると共に、やはり日本人は塩分を摂取し過ぎであることが実感できはずです。